お知らせ

むつみ会

むつみ会

H29 第3回むつみ会委員会

平成30年2月16日(金) 視聴覚室

1.会長挨拶   石坂 会長

 子供達が希望の進路に進めるように親としてサポートしていきたい。

 

2.校長挨拶   木村 校長

 中3生から新テストが導入され、2年後には新カリキュラムがスタートする。富山高校では定期考査でも来年から記述問題を入れるなど、新体制にそった対応を行っていく。

 

3.アクションプラン(学校評価)について   松本 副校長

 「学習活動」「学校生活」「進路支援」「特別活動」「科学教育の推進」の5項目についてまとめと評価を提示。出席者からも評価と御意見をいただきました。なお、最終評価は3月末にホームページで公表します。

 

4.「家庭におけるスマホ教育」-これまでの取組を元に-   総務部長

〇スマホについての過去3年における取組
・27年度 スマホ使用についてのアンケート実施(全国の結果と比較)
 富高生の傾向:使用について親の認知度と誤差がない=親の把握がされている使用量の多さや睡眠減について自覚あり。使用ルールを設けている割合は全国より多めだが、使用時間・場所についてのルールづくりは低め。フィルタリング機能は全国より使用傾向。イレブン・セブン運動の認知度は高いが、知らない生徒も存在。
・28年度 SNSのルール作り
 HRでディスカッションを行い各クラスでのルールを作成・実施。その結果をむつみ会で発表(昨年11月の保健だよりに掲載)
 ディスカッションで困っていること・悩んでいることを共有し、対策を話し合い共通ルールを作成することでルールが守られやすくなった。
・29年度 「家庭におけるスマホ教育」について、講演会やアンケートを実施
 保護者が使用についてどう関わるかが課題。子供と話し合い、自主自律を目指す。受験においてもスマホの誘惑に勝てるかが問題。
保護者アンケート(抜粋)
・スマホ利用はリビングのみ。
・使用時間のルールがある。
・帰宅後預かる。
・子供との使用についての話し合いを行っている。
・部活動での連絡などラインによる連絡が当たり前であり、全面禁止できないのが現実。上手に使わせることが合理的。

 

5.閉会挨拶   古川 理事

 富高に入れてよかったと子供達がいえるよう、親としてもサポートしていきたい。

 

月別アーカイブ
TOP